無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
松井監督絶賛!吉行和子さんの新刊

先月行われた、マイレオニーと角川映画の宣伝部の皆さまとのミーティング
2次会で、松井監督が、ある本を絶賛。それは、

先月、文芸春秋より発行された
吉行和子さんの新刊、『ひとり語り−女優というものは』 



「レオニー」の製作中は長いこと好きな読書もままならなかったけど
最近は本を読む時間が取り戻せたことが一番嬉しい、と言う松井監督。
「最近読んだ本の中でも特に面白かったので、ぜひマイレオニーの皆さんも読んで」
と紹介してくださいました。

amazonのページで、本の表紙画像をクリックすると
中身を少し読むことができます。
目次を読んでいるだけで、もう、面白そうです。


本を絶賛される松井監督の図。

今年11月公開の映画『レオニー』 で、
主人公レオニーが、日本に来て最初に知り合う日本人の
女中・キク役を演じる吉行さん。

レオニーとキクの、お互い言葉が通じないやりとりが、
なんとも、いいんですよね・・・。
感想を書きだすと、止まらなくなりそうなので、やめておきます(笑)。

松井監督の第2作『折り梅』に引き続き
吉行さんの演技にも大注目の映画『レオニー』、
早く皆さんに観ていただきたいです!

| wakki | 映画 『レオニー』 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2010/06/18 11:08 PM posted by: shiori
いやいや〜、吉行さんなら現れかねませんよ〜(笑)
札幌試写会の成功を心からお祈りしてます♪
本当は私も行きたいっ!!!
2010/06/06 4:51 PM posted by: tomoko
読みましたよ〜本当に面白いです!
最後の方の「その話はのちほど・・・」のくだりが特に私のツボでした(笑)
吉行さんと言えば、昨年7月「お休みなのでロケ見学に来ちゃいました」と、突然モエレ沼公園にいらっしゃいましたよね〜感激でした。7.31の札幌試写会にも突然現れないかしら・・・ムリですね(笑)
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。