無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
コダックの専門誌に永田鉄男さんインタビュー
今年の有馬記念は、2番人気の「ドリームジャーニー」が勝利。
これって、今年のマイレオニーにぴったり?
なんて声が競馬好きのサポーター仲間から届いたりして、
いよいよ2009年も押し迫ってきました。
たしかに、今年の私たちは、ロケを通して夢のような旅をしましたねー。


さて、話はぜんぜん変わりまして、
コダック株式会社が発行している専門誌「SHOOTING eye」。
映画の撮影機材関係の会社や撮影関係者、映画の専門学校など
業界向けのみに配られている無料情報誌です。


この冊子12月号に、映画『レオニー』の
撮影監督、永田鉄男さんのインタビューが掲載されました。


主に海外で撮影の経験を積み、
『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』(2007)で
第33回セザール賞撮影賞を受賞した永田さん。


映画『レオニー』の撮影では、アメリカと日本、両方通して
撮影監督をつとめられましたが、
欧米で多く使われるようになったカメラがまだ日本の撮影現場では
使われていないため、日本に合わせてカメラを選んだ、といった、
専門的な切り口からの撮影秘話が読めます。

記事内に登場する写真は全て、『レオニー』ロケ中の
スナップが使われていますよ。

一般的には配布されていない「SHOOTING eye」ですが、
コダックのご担当者の方から、
コダック株式会社のホームページ内にも掲載されているということで、
マイレオニーブログで紹介してくださいと、
リンク先を教えてくださいました。ありがとうございます!
ぜひ、読んでみてくださいね。

コダック 映画関連製品 オンラインマガジン SHOOTING eye
(永田鉄男氏インタビュー の文字をクリック)

| wakki | 映画 『レオニー』 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。