無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
マイレオニー アメリカロケ見学ツアー 【出発編】

松井監督が『レオニー』を撮影している様子を見に行こう!と
企画された、マイレオニーアメリカロケ見学ツアー。


いよいよ出発間近となった4月下旬。
メキシコで豚インフルエンザによる死者が出たという報道が。


そう、今年1年、常にニュースをにぎわせた
「新型インフルエンザ」問題が、ちょうどこの時期、スタートしたのです。


メキシコといえば、『レオニー』ロケが行われているニューオリンズ、
そして今後ロケが予定されているカリフォルニア州からも近い。
ロケは大丈夫なの?と、心配してメールを送ったところ・・・
松井監督から帰ってきたのは、


「アメリカでは全然騒ぎになっておらず、マスクも誰もしていません」。


拍子抜けしたのもつかの間、ツアー参加予定者からは問い合わせも。
予定通り決行したい気持ちは、やまやまだけれど、
ご家族が心配していたり、せっかく行っても、現地で感染したり
空港が閉鎖されたら・・・。


危険度のフェーズがアップされたというニュースも入り、
騒ぎは全く治まりそうにありません。


ですが「NYも通常通りの生活をしています。どうぞ安心してお越しください」
という、NYのIACEトラベルの伊藤さんの力強い後押しメールもあり、
ツアー参加者のメンバーでもある、映画『レオニー』の顧問弁護士の先生の
アドバイスのもと、参加者は、
「新型インフルエンザについては自己責任のうえ対応する」という念書に
署名をして、旅を決行することになりました。



残念ながらキャンセルされた方(ご家族が医療関係者)から
大量のマスクの差し入れをいただき、
斎藤代表も、大量の除菌ティッシュを持ってきてくださいました。


当日はHさんの万全の準備のおかげもあり、
トラブルもなく順調に成田を出発することができました。
成田空港と機内は、ほとんどの方がマスク着用。
GW中とはいえ、なにやら物々しい雰囲気。


ところが乗り継ぎのダラスの空港では、
マスクをしているのは見事なまでに私たちだけ!
やはり監督の言っていることは本当でした。

空港内のメキシコ料理(!)のお店でタコスのモーニングセットを食べながら、
日本を離れたことを少しずつ実感する私たちでした。


 

| wakki | マイレオニーのイベント | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2009/12/14 10:07 PM posted by: shiori
あの当時、「マスクをしているのは私たちだけ」というwakkiの文章は衝撃的でしたよ!
グローバルの意味について考えさせられましたね。
それにしても、手に汗握らされる感動のレポート3本目、本当にありがとうございます。おもしろ過ぎます。早く次が読みたいっ!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。