無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
マイレオニー アメリカロケ見学ツアー 【準備編】

映画の製作前から映画づくりを応援しよう!という
私たちサポーターズネットワーク「マイレオニー」が、
ついに映画製作の現場に立ち会う最初の瞬間がやって来ました。



それが、今年5月3日〜10日に行われた
「『レオニー』アメリカロケ見学ツアー」。


・・・といっても、この様子のレポートにたどり着くまで
何日にわけて連載をするか?というくらい、
準備期間は、ハプニング&スリリングな日々の連続。


来年はいよいよ映画公開。
せっかくなので、今年の出来事をできるだけ残しておきたく、
レポートします。
(というか、レポート遅くなりすぎてゴメンナサイ!)


「撮影を見学に行きましょう!
エキストラで出ましょう!」


と、マイレオニー結成当初から、ことあるごとに宣言し続けていたのは、
われらが斎藤弘美代表。


クリスマスイベント終了直後
マイレオニーは、斎藤さんの号令のもと、
撮影見学ツアーとエキストラ募集案内づくりに取り掛かることに。


とはいえ、主演女優もようやく決まったばかり、
撮影スケジュールでわかっているのは、アメリカ→日本 の
順番で撮影を行うこと、くらい。
カレンダーの春〜夏には、
「アメリカロケ」「日本ロケ」を示す長いラインが
1本ずつ入っているだけです。


が、とにかく、まずは、企画があることを知らせよう、ということで、
第一陣のご案内をハガキでサポーターの皆さんに出すことに。
そのときの様子はこちら




案内状や申込書をハガキでお送りしたり、
サポーター限定のニュースレターに同封したり。
発送作業に携わった皆さん、おつかれさまでした・・・


1月末には、世田谷区成城の東宝スタジオ内に
映画「レオニー」のスタッフルームができ、
連日事務所に詰めていたプロデューサーと助監督さんは、お引越し。


それは、プリプロと呼ばれる撮影前の準備期間が終わり、
いよいよクランクインが間近に迫ったことを意味していました。


事務所で皆さんを見送った私は、
子供が無事に育って大きくなって、学校に通いはじめるときのような
嬉しいような寂しいような、何ともいえない感慨深い気分でした。
(子供産んだことは、まだ、ないですが・・・^^;)


2月に入ると、松井監督は、
日米双方のプロデューサー、助監督さんと、
台本と、俳優のスケジュール、スタッフのスケジュールや人数
撮影に必要なものを洗い出して準備を進めたりと、
まさに網目を1つずつ違う色で塗りつぶすような
細かい作業を、連日続けています。



そんな松井監督やスタッフに、
「何日にどの撮影を行いますか?見学できますか?」
なんて、とても・・・。


ただ、ハッキリしているのは、
クランクインすることと、もしもその撮影現場に立ち会えたら、
私たちも、そして監督も、
どんなに嬉しいだろうなぁ、と思うのは、間違いないということ。


最悪、撮影が見られないにしても、
監督と「レオニー」のいる、アメリカへ行きたい!
というメンバーを集めて行こう、と、
ツアー準備を進めていくことになりました。

| wakki | マイレオニーのイベント | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2009/12/13 11:30 PM posted by: shiori
わーっ、私も「米」さんと同感!!
首をカメにして待ってました。
次が楽しみで今からワクワクです♪
2009/12/11 4:58 PM posted by: 米
うっわー、待ってました。この記事。
次も早く読みたいです!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。