無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
映画 『レオニー』 に登場する生け花
大塚先生のお花

2010年公開予定、松井久子監督の映画第三作 『レオニー』。

この映画は、アメリカと日本、両方が舞台になっていますが、

日本のシーンでは、
床の間にお花が飾られている和室が、
何度となく登場します。

このお花を活けられたのは、
草月流の大塚光川(こうせん)先生(写真左)。

大塚先生と松井監督

先生はじめ草月の代表作家の方々が出展される生け花の展覧会が
本日11月5日(木)〜10日(火)に、
日本橋高島屋8Fホールで開催されます。

「第91回草月いけばな展 花歌う」
http://www.sogetsu.or.jp/event/7.html

マイレオニー賛同人になってくださっている、
勅使河原茜先生のお花も展示されるそうです。

大塚先生は、前期5日〜7日に出展されます。
「マイレオニーの皆さま、ぜひいらしてください」とメッセージをいただきました。
お近くの方、日本橋に寄られる方、ぜひ!

| wakki | 『レオニー』 製作レポート | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2009/11/27 1:23 PM posted by: wakki
shinoさん、はじめまして。
コメント、1本目のは削除しておきましたよ。
季節はずれの書き込みも大歓迎です(^^)
そうそう、「躍動感」ですよね!
私は草月流のお花をいちどにあれだけ観るのは初めてだったので、あの迫力には本当に驚いてしまいました。
2009/11/22 3:31 PM posted by: shino
今頃、時期はずれな書き込みで、失礼します。

光川先生のお花、ほんとうにすてきでした!!
うまく表現できないですが、「生きている、躍動感のある芸術作品」というかんじがしました。
見逃したかた、次回はぜひ、いらっししゃることをおすすめします。
先生の作品以外もほんとうに力作ぞろいでした。


管理者さま、すみません、先ほど、間違って送信してしまったようなので、その分は削除してください。よろしくお願いします。
2009/11/07 11:58 PM posted by: wakki
shioriさん

光川先生のお花見てきました。
が、絶対他の日でも、
必ず楽しめること保証します!
ものすごくたくさんの作品があるし、
ひとつひとつが、個性的で
迫力があって、見てて飽きません。
勅使川原茜さんの作品は圧巻のひとこと。
あれはいけばなというより
もはや庭ですね・・・
会場だけでなく1F入り口のお花も
ショーウィンドーも必見です〜!

2009/11/07 11:40 PM posted by: shiori
えーっ、9日か10日に伺うつもりだったのですが、光川先生の展示は7日までだったのですか。
あー残念(涙)
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://myleonie.jugem.jp/trackback/978539