無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
マイレオニー札幌発 モエレ・ロケ ドキュメント(その1)
7月4日・5日に札幌・モエレ沼公園で行われた
映画『レオニー』ロケ。
(もうすぐ1ヶ月経つなんて・・・早いですね〜)

モエレロケは、地元の新聞でも連日とりあげられました。
ネット上で現在見られるものは・・・

イサム・ノグチの母描く映画 札幌でロケ
(北海道新聞7月5日・新聞では一面にカラー写真入りで載っていました!)

映画ロケ エキストラに挑戦 彫刻家イサム・ノグチ 母との物語「レオニー」
(道新小学生新聞 7月18日)

このブログでも、モエレロケ見学ツアー参加レポートをお届けしましたが、
今回は、札幌発のレポートをご紹介します。

エキストラの子供たちの募集、当日の撮影現場の場内整理や昼食の手配まで
あらゆる面で映画づくりをサポートした「マイレオニー札幌」の皆さんを代表して、
出川育子さんがレポートを送ってくださいました。

とても濃い内容ですので、何日かにわけてアップしていきますね!


【準備編】

<のんびりムードから一転…>

10年前「さっぽろ女性映画祭」で松井監督の第一作『ユキエ』を上映したことをきっかけに松井監督を応援し続けているメンバー6名と新メンバー2名で構成されている私たちマイレオニー札幌が、7月4日・5日に行われたモエレ沼公園での『レオニー』のロケに向けて動き出したのは、まだ雪が残る3月13日。映画がクランクインする1か月前でした。

その日、リーダーである大居さんから札幌メンバーの役目は「エキストラ100名の募集」「当日の炊き出し」「ロケツアーの方のお世話」と知らされたわけですが、全員が映画撮影のお手伝いは初めての経験。一体何をどう進めるべきなのか、全くの手探り状態で、打ち合わせはしたものの、疑問符?だらけのスタートとなりました。

その後、4月にはアメリカからクランクインの知らせが届き、マイレオニーのニュースレターVol.3が発送されて、エキストラの募集が公になっても、札幌メンバー間の打ち合わせはメールでのやり取りのみ。決まったのは「炊き出し」はモエレファンクラブの方が、「ロケツアー」は東京のマイレオニースタッフの協力が得られるという事くらいでした。

そんな のんびりムードの私たちのお尻に火がついたのは5月19日。この日、北海道新聞の朝刊に『モエレ沼ロケ 参加しませんか』と「エキストラ募集」の記事が掲載されたのです。問合せ先となっていたプリズムでは、たまたま会社で朝を迎えた深津社長が最初の電話を受けたのが午前5時(!)、その後も一日中電話は鳴り続け、プリズムのスタッフは本来の業務が全く出来なかったとか。



そして、その記事のお陰で、それまで10名足らずだったエキストラのエントリー数が一気に278名にまで膨れ上がったのです。


<準備作業の中から出てきた思い>

現実にエキストラ応募者が集まった事で、私たちの準備作業にも勢いがつきました。ところが、応募者のリスト作り、当日の案内作成…と順調に作業が進み、発送準備が整った矢先、制作スタッフから「撮影場所の変更。親子エキストラの撮影はなし」と変更の連絡が入ったのです。

急きょ、案内の内容を変更し、エキストラ応募者に向けて案内を発送できたのは、予定より1週間遅れの6月10日。ロケまで1カ月を切っていました。

その後は、当日の受付や誘導体制、撮影中の注意事項などを話し合ったのですが、一番頭を悩ませたのが、一般の子どもたちとエキストラの子どもたちを識別するためのIDをどうするかでした。あまり目立つものでは撮影に支障が出るだろうし、簡単にはずせるものだと子どもたちが動いた時にすぐに取れてしまう…。アイディアを出し合った結果、子どもたちを3グループに分け、3色のゴムバンドにID番号と名前を記したラベルを付けることになりました。



ロケ当日は色分けしたゴムバンドが撮影スタッフに大好評。名前付ラベルも子どもたちの保護者探しに役に立ったようです。

そんな準備が進む中、スタッフ間で自然と出てきた合言葉が「臨機応変」。「エキストラの子どもたちや保護者の方に楽しく・気持ちよくロケに参加していただけるよう、そして撮影がスムーズに進むよう臨機応変に動こう」−それがスタッフ共通の思いとなっていきました。 (出川 育子)


・・・レポートは(その2)に続きます、お楽しみに!

| supporters | 『レオニー』 製作レポート | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2009/08/03 5:21 PM posted by: 米
面白いですねー。ゴム輪のアイデアとか、すばらしいです。次も早く読みたいです!
2009/08/03 3:45 PM posted by: shiori
読んでいて、ワクワク感と身が引き締まるような感覚が同時に立ち上ってくる素晴らしいレポート!
リーダーの大居さんを中心とするマイレオニー札幌のチームワークに胸が熱くなりました。
出川さん、ありがとうございます。次回がめちゃくちゃ楽しみです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://myleonie.jugem.jp/trackback/923699