無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ピンクリボンキャンペーン
「ピンクリボン運動」という言葉、
既にご存知の方も多いと思います。

日本女性がもっともかかりやすいがん、乳がん。
日本の女性の20人に1人が、乳がんにかかると言われています。
しかし、ごく早期に発見されれば95%が治癒するがんでもあるそうです。
セルフチェックや定期検診の大切さを呼びかけるのが「ピンクリボン運動」。
10月は、ピンクリボン運動の月間です。

10月1日、Yahoo!Japanの画面がピンク色に染まり
びっくりした方も多いのではないでしょうか。
この日は、東京タワーやレインボーブリッジも
ピンク色にライトアップされました。

さまざまなキャンペーンイベントが開催されました。
1日、都庁前広場で行われたのは、
ピンクリボン運動の点灯式イベント。

都庁がピンク色に。



wakkiが駆けつけたときは、
大野靖之 さんがライブを行っていました。



高校3年のとき、お母さんを乳がんで亡くされた大野さん。
ミュージシャン志望だった大野さんを、
ずっと応援してくれていたのがお母さんだったそうです。
お母さんへの感謝の想い、命の大切さを歌にして、
全国のホスピス、児童養護施設、学校を回り、
その訪問校の数は、300を超えたそうです。

映画『折り梅』『ユキエ』上映会で
全国の会場を直接回って講演を続けた松井監督と
似ているな〜と思ったのは私だけでしょうか。

でも、大野さんと松井監督には、
ある意外な接点が、ほんとうにあるのです。
近いうちに、紹介したいと思います。

会場では、キャンペーン特別絵ハガキを無料配布。



家族や友人など大切な人へメッセージを書いて、
会場特設のポストに投函する仕組みになっていました。
モモちゃんのオリジナルデザインが懐かしい!



| wakki | スタッフ日記 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2008/10/10 12:31 AM posted by: shiori
wakki、お疲れさまでした!
ピンクリボン・・・数年前、モデル・富永愛さんの活動を女性誌「MISS」で取材したのが懐かしいな。
大野さんのステージも見てみたいです。
2008/10/08 8:21 AM posted by: 紅白wine
ピンクリボン運動のお話し、そして大野靖之さんの活動のご紹介をありがとうございました。彼は、『歌でしか伝えられない』と今、全国の子どもたちに家族の大切さ、いのちの大切さ、夢を持つことの大切さを、伝えて歩いています。彼の歌を聴いた子どもたちは12万人にもなるそうです。そして彼のお母様は乳ガンでこの世を去りましたが、彼を支えるお母さん(ファン)は全国に広がっています。もっともっと多くの人に彼の歌を、お話しを聴いてもらいたいと思います。wakki さんがまたレポートしてくださるそうですが、彼の活動をもう少し知っていただくために、ブログのご紹介をしておきますね。

大野靖之さんのブログ

http://blog.oricon.co.jp/ohno/

伊藤悟さんのブログ

http://itosatoru.sblo.jp/category/382085-1.html

今後ともどうぞ宜しくお願いします。

name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。