無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
愛媛松山・松井久子監督トークショー レポート 【前編】


新作『レオニー』(仮題)製作の合間を縫って、
今も全国で行われている『折り梅』の上映会や講演会に招かれ、
全国を回っている松井監督。
去る7月1日に訪れた愛媛県松山市の講演会の様子を、
主催者の映画鑑賞団体「マネキネマ」の石川さんが
レポートしてくださいました!



7月1日、松山市男女共同参画推進センター(コムズ)で行われた
松井久子監督トーク『映画に想いをのせて』は、
「松井監督と出会ったことは、
マネキネマの10年間の活動の中でも特別なこと」
という、私も同感な運営委員長の挨拶で幕をあけました。

挨拶に続き、「ユキエ」「折り梅」の予告編を上映。
そして松井監督登場。
司会、聞き手は、フリーアナウンサーの石井紀代さん。



これまで前2作のPRで来松した松井さんを、
ご自身のラジオ番組にゲストで呼んでいただいたこともあり、
息の合ったトークは、参加者の皆さんの心をひきつけていました。



松井監督には前二作の苦労話から、
全国各地の上映会での出会い、
そして次回作への想いを語っていただき、
それを聴いた石井さんが、
「松井監督が全国を回っていろんな人に会い、
それぞれの人が元気付けられ、自分の事として映画を上映する。
そして、それがまた松井監督のパワーになって次の作品を作る。
これはなにか大きなサイクルになっていますね」
といった感想にこれまた同感。

トークの後も、会場を移しての「囲む会」で楽しいひとときを過ごし、
今回も忘れられない松井さんとの思い出ができました。

今度は、私たちの想いものせた「レオニー(仮題)」を
上映できる日を楽しみに待っています。
ご協力、ご来場いただいた皆さんありがとうございました!

(マネキネマ・石川誠二)


石川さん、ありがとうございました。
「マネキネマ」は、松井監督が第1作『ユキエ』で
“忘れられない上映会を開いてくれた人たち”、と
著書『ターニング・ポイント』で書かれていましたね。
今回もきっと、松山の皆さんとの交流が、監督を元気づけたのでしょうね。

ちなみに、7月8日(日)8:00〜
FM愛媛で放送の「シネミュージック」という番組に
松井監督が登場する、という情報も、教えてくださいました。
トークの翌日に収録したそうです。
パーソナリティは、トークの司会もしてもらった石井紀代さん。
FM愛媛(←声に出すと早口言葉みたい・・・)を聴ける皆さんは、
ぜひチェックしてくださいね!

イベント終了後、参加者の方々にとられたアンケートに書かれていた
松井監督へのメッセージも送ってくださいました。
明日のブログでアップしますので、お楽しみに。

| supporters | マイレオニーのイベント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://myleonie.jugem.jp/trackback/220684